遺言書の検認手続とは

 

 

自筆証書遺言の場合、開封する前に検認手続きが必要な事はご存知でしょうか?

 

 

遺言書を保管していた人や、被相続人が亡くなった後に遺言書を発見した人は、

遺言者の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に、検認の申し立てを行う必要があります。 

 

 

 

今回は、相続が開始したらすぐに確認をしたほうがよい『遺言書の検認手続』について紹介します。

 

詳細はこちら↓

https://mi-g.jp/mig/admin-article/detail/id/23299

 

 

 

1611_zeimukaikeiA02

なお、2020年7月1日より開始された、法務局での自筆証書遺言書保管制度を利用した場合

この『遺言書の検認手続』が不要になります。

遺言書の形式不備による無効の恐れが無くなり、汚損、破損、紛失の心配もない

遺言書保管制度についてはこちらをご参照ください

 

http://www.moj.go.jp/MINJI/minji03_00051.html

2020年 11月 9日 | 相続

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP