車庫や物置を作ったときも登記が必要? 増築時の注意点

土地に住居を新築したときには、建物の表題登記が必要ですが、

登記が必要なのは住居を新築したときだけではありません。

 

 

 

たとえば、同じ敷地内に車庫を作ったり、平屋を2階建てにしたりしたときにも登記が必要になります。
今回は、建物を『増築』したときに必要となる登記と、その注意点についてご紹介します。

 

 

 

詳細はこちら↓

https://mi-g.jp/mig/admin-article/detail/id/22228

 

 

 

 

なお、登記が必要となる「建物」は、不動産登記規則で以下の様に定義されています。

(1)屋根及び周壁、またはそれらに類するものを有していること(外気分断性)
(2)土地に定着した建造物であること(土地への定着性)
(3)目的とする用途に供しうる状態にあること(用途性)

 

カーポート(四方を壁で囲まないもの)や、物置(土地に定着しておらずすぐ取り外しできるもの)は

登記が必要な建物に当たらないとされています。

2020年 10月 12日 | 不動産

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP