自筆証書遺言の法務局保管制度とその他を比較する その①

1608_sozoku02

一般的に、遺言書と言えば以下の2つを指しますが、この度、第三の方法として自筆証書遺言を法務局で保管するという制度が始まりました。

 

①「自筆証書遺言」

 自筆により作成した遺言書を、自宅や貸金庫、

 代理人が保管する方法

②「遺言公正証書」

 公証人の面前で作成された公正証書の遺言

 

 

 

法務局による自筆証書遺言の保管制度を利用する事は、一体どんなメリットがあるのか、

その他の方法と比較し、様々な面において検討していきたいと思います。

 

 

比較の前提として、遺言書を作成する目的により、重要視すべき点が異なる事に注意が必要です。

 

1)自身の財産を、相続人がスムーズに継承出来るようにしたい

  →自身の死後、相続人の手間がより少ない方法を選択する

 

2)自身の財産を、自身が考える特定の人に継承させたい

  →確実に特定の人に財産が渡る方法を選択する

 

3)自身の思いを相続人に伝えたい

  →相続人の全員が遺言書を見られる方法を選択する

 

4)遺言書で意思を伝えたいが費用はかけたくない

  →作成者、相続人の費用負担の少ない方法を選択する

 

次回は、「法務局による遺言書保管制度」「自筆遺言証書の自宅保管」「遺言公正証書」との比較と

遺言者の目的に適した方法について検討していきます。

 

2020年 8月 17日 | 遺言

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP