自筆証書遺言の法務局保管制度とその他を比較する その②

1611_zeimukaikeiA02「法務局による遺言書保管制度」

「自筆遺言証書の自宅保管」

「遺言公正証書」

 

それぞれの特徴の比較と、遺言者の目的に適した方法について検討していきます。

 

 

 

 

比較のポイントは、「遺言者が何を重要視するか」です。

 

1)自身の財産を、相続人がスムーズに継承出来るようにしたい

  →自身の死後、相続人の手間がより少ない方法を選択する 

2)自身の財産を、自身が考える特定の人に継承させたい

  →確実に特定の人に財産が渡る方法を選択する

3)自身の思いを相続人に伝えたい

  →相続人の全員が遺言書を見られる方法を選択する

4)遺言書で意思を伝えたいが費用はかけたくない

  →作成者、相続人の費用負担の少ない方法を選択する

 

各項目に対し最適と思われる方法に関する解説は次回お届けします

 

注)公証役場手数料や戸籍等必要書類の取得費用は概算です。

  場合により異なりますのでご注意ください。※各種手数料の金額はコラム記事作成時のものです。

  法務局保管 自宅保管 公正証書

遺言者

費用負担

遺言書保管の申請手数料

3900円

作成に関する費用負担無し

公証役場での作成手数料

内容によって異なる

25000円~

相続人の

費用負担

遺言書情報証明書交付手数料

1400円

戸籍等必要書類の取得

5000円~ 

遺言書検認の申立費用 800円

検認済証明書費用 150円

戸籍等必要書類の取得

5000円~

戸籍等必要書類の取得

1000円~

遺言者

手続き

自筆で遺言書を作成

(一部コピーを添付可)

管轄の法務局に保管予約申請

(TEL又はWEB)

予約した日に法務局へ出向く

(代理人不可)

自筆で遺言書を作成

(一部コピーを添付可)

信頼できる家族や代理人に

遺言書作成の事実を伝える

公証役場に作成予約

(司法書士等に依頼する場合は不要)

予約した日に公証役場へ出向く

公証人の出張作成も可

 

相続人の

手続き

 ・被相続人の出生~死亡の戸籍

・相続人全員の戸籍、住民票

など必要書類の取得

法務局に証明書申請予約(全国の法務局で対応可能)

↓(後日)

法務局に出向く

遺言書情報証明書を取得

相続手続きの開始

 ・被相続人の出生~死亡の戸籍

・相続人全員の戸籍

など必要書類の取得

被相続人最後の住所地を管轄する家庭裁判所に

「遺言書検認の申立」を行う

↓(1カ月程度)

検認の日に申し立てをした管轄家庭裁判所に出向く

検認済証明書を取得

相続手続きの開始

・ 被相続人死亡の戸籍

・手続きする自身の戸籍

など必要書類の取得

 

(出生~死亡の戸籍一連は不要)

 

相続手続きの開始

相続人の懸念事項

 ・被相続人の出身地

・相続人の居所

により、遠方の場合は戸籍等書類の取得に時間と手間がかかる

 

・被相続人の出身地

・相続人の居所

により、遠方の場合は戸籍等書類の取得に時間と手間がかかる

 

・検認の申立から検認の日まで

 約1カ月かかる

 早ければ即日手続き開始が可能

 

2020年 8月 24日 | 遺言

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP