破産した場合、相続財産はどう扱う?

1804_mameB01(1)

 

破産手続きに向けて準備を進めている途中に、相続が発生した場合や

破産を検討しなければならなくなったとき、遺産分割の終わっていない相続財産を有している場合

協議を終えていない相続財産を、どうしたらいいでしょうか?

 

破産手続き上は、破産財団を構成する他の財産と同じ扱いになるので、

相続して得た財産も債権者への配当に充てなければなりません。 

 

今回は、破産と相続財産についてお話しします

 

 

 

遺産分割が終わっていない相続財産がある場合 

 

相続財産も、破産手続き上は破産財団を構成する他の財産と同じ扱いになるので、債権者への配当に充てなければなりません。 そのため、破産者の相続割合に応じた財産は手放すことになりますが、親の住んでいる自宅などは手放すことが難しい場合も多く、対応に苦慮することがあるでしょう。 

 

このようなとき、破産者の取り分をゼロにして遺産分割協議をしてしまう場合がありますが、これはおすすめできません。すでに債務の支払いが不能となってから行われた遺産分割協議は、破産管財人による否認権行使の対象となり得るためです。 簡単にいえば、遺産分割協議がなかったことになってしまい、無意味になってしまうのです。 

 

そのため、慌てて遺産分割協議をするのではなく、親戚などの協力を得て、破産者の相続割合に応じた金額を破産財団に組み入れることを検討する必要があります。 

 

 

 

破産準備中に 相続が開始された場合 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、破産手続きの準備をしているタイミングで身内が亡くなり、相続が開始される場合もあり得るでしょう。この場合、相続財産を手放す方法として『相続放棄』があります。 

 

 

遺産分割協議で自分の取り分をゼロにすることと、相続放棄をすることは一見同じことのように感じますが、実は大きな違いがあるのです。 遺産分割協議は、“誰にどの財産を分けるかという、財産権を目的とする法律行為”です。 一方、相続放棄は、“相続人としての身分を最初からなかったことにする身分行為”とされています。 

 

 

このことから、相続放棄の場合は、破産管財人の否認権行使の対象とはならないとされているのです。 

 

 

相続放棄は、自身のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に行わなければなりません。 破産のことだけを考えて決断できるものではないとは思いますが、一つの方法として覚えておかれることをおすすめします。 

 

 

 

ご案内:当事務所でのご対応が難しい案件に関しましては

提携の弁護士事務所をご紹介しております。

2019年 9月 24日 | 法律豆知識

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP