相続放棄、やってはいけない事とは?

相続放棄は、相続を知ってから3カ月以内に

被相続人住所を管轄する裁判所に申述する必要があります。

ただし、民法921条1号にある「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき」には

相続放棄の申述は出来ない事になっています。

 

1711_rodohoA02(1)

 

 

この「処分」にはどんなことが含まれるのでしょうか?

次に挙げる例では相続財産を「処分」したことになるのでしょうか?

 

 

①被相続人の負債を自己の財産で弁済した

②被相続人の負債を被相続人の相続財産である現金で弁済した

③他の相続人に対する形見分け

④自己の財産で被相続人の葬儀をした

⑤死亡保険金を受け取った

⑥相続放棄がなされたあとに相続財産を処分した

 

 

被相続人の財産に負債が多い場合、相続放棄の申立をお勧めする事があります。

相続放棄を申述し、受理されると、最初からその人は相続人ではないという扱いになることにより

債務の弁済を免れる効果があります。

しかしながら、これくらいなら大丈夫だろうという自己の判断で行動すると

相続を承認したと見られ、相続放棄が出来なくなることになりかねません。

 

 

 

なお、①~⑥いづれの場合も場合によって「処分」にはあたらないとされています。

詳しく知りたい方、相続に不安のあるかたは司法書士にご相談ください。

 

 

2018年 2月 9日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

ブログ投稿一覧

2018.02.23 New
施設入所者の印鑑登録 小川雅史コラム
2018.02.19 New
家族名義の預貯金「みなし相続財産」に要注意 小川雅史コラム
2018.02.13
災害見舞金の取扱いについて 小川雅史コラム
2018.02.09
相続放棄、やってはいけない事とは? 小川雅史コラム
2018.02.01
確定申告をお忘れなく お知らせ
最新情報:一覧

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP