異母兄弟①

再婚で前配偶者との間に子供がいる方、また、子供がいない夫婦や独身の方には

特に遺言書の作成をお勧めしています。

 

というのも、いざ相続が発生した際に、相続人の間で協議が難航しやすい為です。

 

1806_kaigo01

 

 

自宅が姉と共有持ち分になっている方から、相続のご依頼を頂きました。

 

被相続人であり、依頼者と共有持分のある姉は、生涯独身で子供もいません。

両親も既に他界されており、姉の相続人となるのは依頼者の姉妹のみです。

姉妹間では、姉が亡くなる前から、万一の際は自宅として住んでいる依頼者が相続するという事で

話がついていたため、独身であった姉は遺言書を書いていませんでした。

 

しかし、実際に相続が発生し、親の戸籍を取得してみると、

姉妹の父には、母の前に前妻と子供がおり、依頼者姉妹の他にも相続人が数名いることが分かりました。

もちろん依頼者も姉妹達も初耳の出来事です。

 

 

1611_toki01

 

 

姉が遺言書を書いていれば、

父が前妻と子の存在を明かしていれば、

複雑な協議は回避出来た案件だったのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

2019年 6月 10日 | 相続

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP