生活保護受給者の遺産分割協議

生活保護を受給されている方が、一定の収入を得ると生活保護が打ち切りになりますが

相続によって財産を得た場合も同じです。

 

1605_sozoku01

 

 

当職は以前、生活保護受給者の方に同行し、役所で印鑑証明書を取得しようとした際、

役所の方に使途を尋ねられた事がありました。

印鑑証明書は重要な契約時に使用する事が多く、印鑑証明書を取得するということは、

金銭の動きと関係がある事が多い為だと思います。

 

遺産分割協議に使用すると答えると、法定分の遺産を取得するのか確認され、

場合によっては印鑑証明書の発行が出来ない事もあるという事を学びました。

 

相続財産に現金があれば分割も可能ですが、相続人が住んでいる自宅のみの場合はどうするのか尋ねると

相続財産が現金ではなく、不動産しか無い場合でも、法定持分を評価額等で現金換算し、

不動産を相続する人から代償金を受け取る様に指導される事もある様です。

 

 

生活保護を受給している方が遺産分割協議を行う際は、

相続の内容次第では生活保護が打ち切りとなる事がありますのでご注意ください。

 

 

 

2018年 3月 15日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP