海外居住者が日本の不動産を売却するとき必要な書類とは?

 最近は、外国の企業で働いている方や、日本企業の海外支社で働いているという方が珍しくなくなってきました。「日本で所有している不動産は使わないので売却したい」あるいは「相続した日本の不動産を売却したい」というケースもよくあります。

 

 今回は、海外に居住している日本人が不動産を売却する場合、決済時に必要となる特別な書類についてご説明します。

 

 

 

印鑑証明書の代わりとなる

署名証明書(サイン証明書)とは? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産を売却する場合、売主は、

「権利証(登記識別情報通知)」「印鑑証明書」「実印」「身分証明書」が必要となります。

このうち、印鑑証明書は日本に住所を有していなければ取得できず、用意することができません。そこで代わりとなるのが署名証明書、いわゆるサイン証明書です。

 

署名証明書は、現地の日本領事館や大使館に行けば、すぐに発行してもらい、取得することが可能です。しかし、日本国内での決済よりも時間的に余裕をもって用意してもらい、あらかじめ日本の専門家に内容に問題がないか確認してもらうと、書類の不備がないか確認できます。 

 

また、住んでいる場所から領事館や大使館が非常に遠い場合には、最寄りの現地の公証人に「宣誓供述書」を発行してもらい、署名証明書に代えることも可能です。注意点として、宣誓供述書は日本語訳文を作成する必要があります。英語であれば専門家が訳すことができますが、言語によっては困難な場合もあります。

 

 

 

 

今回は海外に居住する日本人が日本国内の不動産を売却するとしてまとめてありますが、最近では外国人が日本の不動産を買うケースの方が多いと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

在留資格を持ち、日本に居住している外国人の売買であれば、問題なく書類を揃えることが可能ですが

日本国内に住所が無い(外国に居住する)外国人の売買となると、一筋縄ではいきません。

 

売買する外国人のお国柄に合わせた書類が必要となり

書類を取得できる役所も国により異なるので

まずはどんな書類が必要か、どこで取得できるのかを調査することから始まります。

 

 

外国人が関係する取引は事前の準備に最も気を配ります。

 

2017年 11月 27日 | 不動産

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

ブログ投稿一覧

2022.01.17 New
旧民法の家制度① 相続
2022.01.11
身内間での不動産名義変更 不動産
2022.01.04
成年後見制度とは 小川雅史コラム法律豆知識
2022.01.01
新年のご挨拶 お知らせ
2021.12.27
今年も一年ありがとうございました お知らせ
最新情報:一覧

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP