死ぬため?生きるため?

遺書と遺言書は同じだと思っていませんか?  

 

 

 

遺書は「死に向けたもの」 死を意識し、事前に気持ちを手紙に託す行為であるのに対し  

遺言書は「生きるためのもの」 自分の財産を相続人や知人に託す意思を示し

以後安心して暮らす為に書くものです。

 

 

遺書は手紙なので形式も無く、法的効力もありません

これに対し、遺言書は決められた形式通り作成すれば 遺された人がスムーズに

財産を受け取る事が出来るようになります。

 

  どちらも亡くなる前に遺族や知人に向けて紙に書いたもの

という点では同じです。

 

しかしながら、 無念を遺して死ぬためと、

安心して生きるためのもの

 

全く別物なのです。

2015年 10月 6日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

ブログ投稿一覧

2018.07.17 New
相続放棄をお考えの方は 相続
2018.07.13
【国税局職員が来所しました】 小川雅史コラム
2018.07.07
相続税は今や身近な税金です 税金、税務
2018.07.05
成年被後見人の遺産分割協議 相続
2018.07.04
相続贈与マガジン2018年7月号 相続贈与マガジン
最新情報:一覧

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP