未成年者の相続

被相続人が若くして亡くなった場合や、数次相続の場合、相続人が未成年者という事があります。

 

未成年者でも、16歳以上であれば役所で印鑑登録をすることが可能です。

遺産分割協議をする際、未成年者(20歳未満)が印鑑登録をしていて実印を持っていたとしても

遺産分割協議書に本人が印鑑を押すことは出来ません。

未成年者が法律行為を行うには、原則として法定代理人の同意が必要だからです。

 

1602_zintekishigenB02

 

そこで、法定代理人である親が、未成年者に代わり印鑑を押す事ができるかというと、出来ません。

親と子でお互いの利益が相反する事(子の権利を親が侵害する事が可能な状態)になるからです。

 

 例:親が全ての財産を1人で相続したいがために、遺産分割協議の内容を作成する、

   又は子に相続放棄をさせる事が可能な関係

 

未成年者の遺産分割協議や相続放棄には特別代理人の選任が必要です。

未成年者の住所地を管轄する家庭裁判所に対し申し立てを行い、

特別代理人に選任された人が、未成年者に代わり遺産分割協議や相続放棄を行います。

未成年者が2人以上いる場合は特別代理人も未成年者の数だけ必要です。

(特別代理人は兼任できません)

 

 

特別代理人選任について詳しくはこちら

 親権者である父又は母が,その子との間でお互いに利益が相反する行為(これを「利益相反行為」といいます。)をするには,子のために特別代理人を選任することを家庭裁判所に請求しなければなりません。また,同一の親権に服する子の間で利益が相反する行為や,未成年後見人と未成年者の間の利益相反行為についても同様です。
 利益相反行為とは,例えば,父が死亡した場合に,共同相続人である母と未成年の子が行う遺産分割協議など,未成年者とその法定代理人の間で利害関係が衝突する行為のことです。

(裁判所HPより)

 

 

なお、未成年の相続放棄ですが、親と同時に相続放棄の申述をする場合や、

初めから相続人が未成年者のみの場合は特別代理人の選任は不要です。

 

相続人に未成年者がいる場合は専門家にご相談下さい。

状況に合わせて適切なアドバイスを致します。

 

特別代理人の選任が難しい場合はこちら→「相続分のないことの証明書」小川雅史コラム

 

 

 

2018年 6月 27日 | 相続

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP