家族名義の預貯金「みなし相続財産」に要注意

一家の主が亡くなったとします。

専業主婦であった妻が高額な預貯金をもっていた場合、

預貯金の名義人が妻であっても、夫の財産であるとして

相続税の課税対象になる事があるということをご存知でしょうか?

 

 

1609_税務会計B2

 

子供や孫の将来のために作った預貯金も、

 

子供や孫名義の通帳や印鑑が

贈与者の管理下にある場合は、

 

たとえ基礎控除である年間110万円以内の贈与を毎年繰り返していても相続税の対象となる事があります。

 

 

 

 

平成27年1月1日開始以降の相続から、相続税の基礎控除減額により、

相続税の課税対象となる方は年々増加しています。

 

国税庁によると平成28年度中に亡くなった被相続人のうち8.1%が

相続税の課税対象となっており、前年度から約2800人増加しています。

相続税の基礎控除減額前の平成26年度には被相続人全体の4.42%であった

相続税の課税対象者ですが、現在は約10人に1人が課税対象であるという状況です。

 

1611_toki01

 

まずは贈与契約書(贈与証書)を作成し保管する事が大切です。

念を入れて、公証役場で確定日付を取得するのも方法のひとつです。

 

 

 

 

相続税は亡くなる約5年前からの預貯金の入出金を調査します。

直前に慌てて対策をするのではなく、日頃から少し節税に気を付けることにより結果は変わってきます。

なお、特例等を利用することにより、相続税申告をした方のうち

約2%は実際の納付額がゼロ円となっています。

 

 

相続対策には様々な方法があります。

預貯金、不動産、株式などそれぞれに合った対策が必要です。

税務に関するご相談には当職とお付き合いのある税理士の先生をご紹介します。

 

預貯金以外のみなし相続財産について詳細はこちら

死亡退職金

http://mi-g.jp/mig/article/detail/id/13635?office=alRxGtY1E8Y%3D

生命保険の申告漏れ

http://mi-g.jp/mig/article/detail/id/12662?office=alRxGtY1E8Y%3D

 

 

 

 

 

2018年 2月 19日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP