共有名義の不動産、立退き要求は出来る?賃借料請求は?

父親の相続が発生し、母親は既に他界しているため、相続人は兄弟二人だけ。

 

 

父親の財産は父親が生前住んでいた不動産(土地と建物)のみで

父親と同居していた長男は、このまま住み続けたいと思っています。

次男は家を出ていたため、父親の遺産である不動産の名義は長男に、、、

というのが、兄弟間の争いが無く、スムーズに進む遺産分割協議です。

 

 

ところが、世の中はそうスムーズに行く場合ばかりではありません。

 

1710_sozoku02次男が不満を持ち、不動産を共有名義にするとなった

場合に、既に住み続けている長男を追い出して売却する

と次男が提案したら、果たして可能なのでしょうか?

 

その① 立退き要求は可能か

http://mi-g.jp/mig/article/detail/id/13024?office=alRxGtY1E8Y%3D

 

 

 

 

 

 

1708_sozoku01また、長男と次男の共有となった不動産に長男が

住んでいる場合、次男は長男に対して賃借料を

請求できるのでしょうか?

 

その② 賃借料の請求は可能か

http://mi-g.jp/mig/article/detail/id/13424?office=alRxGtY1E8Y%3D

 

 

 

 

親の相続で得た不動産を、兄弟間で共有名義にするということは様々なトラブルを生みます。

特に相続財産が居住していた不動産のみ、という場合は最も争いが起きやすく

遺産分割協議がまとまりにくいケースとなります。

 

 

相続が発生する前に、遺言書を作成するなど対策をしておくと

家族間の争いを減らすことができるのではないでしょうか。

 

 

2018年 3月 23日 | 相続

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

ブログ投稿一覧

2018.07.17 New
相続放棄をお考えの方は 相続
2018.07.13
【国税局職員が来所しました】 小川雅史コラム
2018.07.07
相続税は今や身近な税金です 税金、税務
2018.07.05
成年被後見人の遺産分割協議 相続
2018.07.04
相続贈与マガジン2018年7月号 相続贈与マガジン
最新情報:一覧

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP