住所変更登記、証明書が出ない場合②

住所が変わるという事は2種類の原因があり、それぞれの原因によって登記の必要書類は変わります。

 

1809_zintekishigenB02

 

 

1)引越し(住む場所が変わる)又は、建て替えによる番地の変更

  →住民票を取得し、住民票に記載された「前住所」が登記された住所と同じかどうかを確認します。

   登記された住所を確認する為には、法務局で登記事項証明書を取得するか、

   不動産を取得した際の書類の中に入っている場合が多いでしょう。

 

2)土地区画整理事業(住む場所は変わらない)

  →住民票の取得と合わせて、役所で区画整理の住所変更に関する証明書を発行して貰います。

 

 

引越や区画整理があった際、すぐに変更登記をすると、証明書類も費用も最も少なく済みます。

住所変更登記の申請を自身で行う方も多く、インターネットにはその方法も詳しく紹介されています。

 

 

次回、住所変更から何年も経って、証明書類が出なくなってしまった場合についてご紹介します。

 

 

こちらも参考に

これまで不動産登記に携わってきた中で感じた事などをコラムや注意書きとしてまとめています。

小川雅史コラム 不動産カテゴリ

2021年 2月 1日 | 不動産

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP