不動産の権利証を紛失してしまったら?

現在、不動産の所有権を移転すると法務局から発行される「登記識別情報通知」

 

ひとつの不動産につき権利者ごとに発行されるため

複数人で所有する不動産を売却する場合、全員分の登記識別情報通知が必要です。

 

1707_toki01

 

 

 

 

 

共有者の一人が登記識別情報通知を紛失してしまったら

不動産の売却は出来ないのでしょうか?

 

権利証を紛失している場合に、想定できる方法としては下記の3パターンあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)事前通知 

通常、不動産の売買で法務局に提出する権利証を提出せずに登記を行うと、売主の住所宛に、「あなたが所有している●●不動産について売却の登記申請がされましたが、間違いないですか?」という書類が送られてきます。それに署名・押印して法務局に2週間以内に返送することで、登記の審査が開始されます。 この方法の場合、特別費用が発生する訳ではありません。しかし、仮に売主が法務局からの書類を返送しなかったら、買主は登記名義を取得することができません。多額のお金が動く不動産決済で、「事前通知」を利用することは特別な事情がない限りありません。  

 

 

(2)司法書士による本人確認 

司法書士が権利証の代わりに「本人確認情報」という書類を作成して行う方法です。この書類は売主を特定できない限り、作成されません。ですので、本当に所有者かどうかを確認するために、司法書士はかなり詳細な聞き取りをします。多くの場合、司法書士は売主と面識がないからです。聞き取る内容はケースによって異なりますが、司法書士が売主について確信が持てない限り、本人確認情報を作成できませんので、売主の協力が不可欠となります。通常、決済の前日までに司法書士が売主と1時間程度の面談を行います。 この方法の場合、数万~十数万円の費用が掛かりますが、不動産決済ではこの方法が一般的です。

 

 


(3)公証人による本人確認
 

上記(2)は司法書士が本人確認を行うわけですが、公証人が本人確認を行うという方法もあります。売主が公証役場へ行き、本人に間違いないというお墨付きを公証人からもらい、その書類を登記書類と一緒に法務局へ提出する方法です。 この方法の場合、事前に公証役場に行くという手間が発生しますが、費用としては公証人手数料の数千円程度で、時間も10分程度で手続きが終わるというメリットがあります。しかし、公証人による本人確認は簡易的なものであり、不動産の決済という重要性から、利用されることはあまりありません。 

 

 

以上、3つの方法について説明しました。

通常の不動産決済では、安全性を考慮して(2)の「司法書士による本人確認」が一般的です。

 

 

 

 

従来使われてきた不動産権利証から登記識別情報通知に変わった事もあり

不動産の権利書類を紛失してしまうケースが多々あります。

 

また、新しく登記識別情報通知を得た事で昔の登記済証が不要になる場合と

引き続き大切に保管しておかなければならない場合があります。

 

 

ご自宅の権利書類に不安がありましたら当職までご相談ください

2017年 10月 18日 | 不動産

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP