【子育て貧困世帯】

生活保護費の基準となる「最低生活費」以下の収入で暮らす子育て世帯の割合が13.8%と、20年前と比べ約2.5倍になったというニュースがありました。

 

 

 

私が43歳の頃、子供を二人育てる中で、当時の私の年収は100万円以下でした。

47歳で司法書士試験に合格し、実際司法書士として働き始めるまで、この生活は6年間続きました。

 

 

 

 

子育て貧困家庭でまず直面するのが子供の教育費用です。

 

生活保護を受けられれば、授業料や給食費の免除など負担は少しでも減らせますが、それでも塾に通わせたり、参考書など買い揃えることは難しくなります。

 

 

 

 

 

現在貧困生活に直面している子育て世帯に私が言いたいことは、今は苦しくとも、現状を変え、貧困生活を打破することは不可能ではないということです。

 

 何かをきっかけとして自分の道を見つけ、もう一度再生できるよう努力することが出来れば、必ず貧困生活は終わると信じています。

2016年 3月 11日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP