【マイナス金利】

先月末に日銀の金融政策決定会合で決定されたマイナス金利。

今すぐに自分の生活に影響があるわけではありませんが、

このマイナス金利をもし一般の金融機関が行ったらどうなってしまうのでしょうか?

預けたら預けただけ損をするのでは一体誰が金融機関を利用するのでしょう。

 

 

預金とは異なりますが、金利がつくものとして百貨店等で友の会として

積み立てを行うサービスがあります。

毎月1万円ずつ積み立てると1年後に13万円の商品券となって戻ってくる仕組みが多く、

年利回りはなんと15.8%(複利利回り)。

しかも、銀行の利息のように源泉税を引かれる事もないため利用している方も多いのではないでしょうか。

 

たとえば、この百貨店友の会でマイナス金利というものが導入されたら?

12万円積み立てて11万円の商品券になる、これでは誰も利用しません。

 

 

たとえば英会話教室。前払いの年会費が月額払いより割高になってしまいます。

 

 

たとえば手形。金利がマイナスになったら手形での支払いの方がありがたく感じるかもしれません。

即日現金で貰うより、後日現金になった方が金融機関に預け入れる期間も短くて済みます。

 

 

 

金融機関は収益の確保のため、今後通帳発行やカードの発行に手数料がかかる様になるかもしれません。

 

2016年 2月 19日 | 小川雅史コラム

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP