「代襲相続」と「数次相続」の違いはどこにある?

最近はメディアにも取り上げられることが多くなった相続用語

 

 

代襲相続とは?数次相続とは?

どちらも相続手続きをする上でよく見かける事ですが

そのままにしておくと手続きしなくてはいけないことが山の様に増えていきます

 

 

 

■「代襲相続」は「子」と「兄弟姉妹」で違いがある 
まず、「代襲相続」とは、推定相続人である子または兄弟姉妹が、相続開始以前にすでに死亡しているときに、その者の子が、その者に代わって相続することを言います。例えば、被相続人Aの子Bが、Aと同時あるいはそれよりも前に死亡していれば、Bの子Cが、Bを代襲して相続人となります(例1)。 

 

「子または兄弟姉妹」と太文字にしてありますが、「子と兄弟姉妹」と違いがあります。上記の例で、Bの子CもAの死亡以前に死亡している場合、Cの子DがいればさらにそのDも代襲相続を原因として、相続人となります。これを再代襲といいます(例2)。 

 

一方、兄弟姉妹の場合、Eの兄・甲と甲の子・乙がすでに死亡している場合、乙の子・丙は再代襲とならず、相続人になることはありません(例3)。ここは注意すべきポイントです。 

 

 

 

 

■いたずらに相続手続きを放置すると「数次相続」が起きて相続人が増える 
次に、「数次相続」とは、被相続人が死亡して相続が開始したものの、遺産分割協議を終える前に、相続人が死亡し、二次相続が開始することを言います。 例えば、Fが死亡し、その子Gが相続人となったにもかかわらず、遺産分割協議を終える前にGが死亡すると、二次相続が開始し、Gの相続人H、I、JがFの相続人となります(例4)。 

 

被相続人が死亡した後、相続手続きを数年間放置していたりすると、この数次相続により、相続人の数が非常に増えてしまうことがあります。 「相続手続きはお早めに」というキャッチコピーを目にすることがあると思います。それは数次相続によって相続人の数が増え、遺産分割協議がまとまらなくなるケースがあることも影響しているのです。 

 

 

■「代襲相続」と「数次相続」を勘違いすると相続人の顔ぶれが大きく変わる 
「代襲相続」と「数次相続」の大きな違いは、被相続人の死亡日を基準として、推定相続人が先に亡くなったか、後に亡くなったのかということです。 ここを勘違いすると相続人の顔ぶれが大きく変わってしまいます。被相続人と推定相続人の死亡日についての先後関係が、相続人確定に大きな影響を及ぼすということを覚えておきましょう。

 

 

 

 

1801_jyoseikinB02

なお、当職は業務の中で何度か、相続人が10人以上となるケースに関わりました。

どのケースでも相続人同士は顔を知らない、又は存在すら知らないといった状況でした。

最初は自分で何とかしようとしたけれどダメでした・・と言って当職に依頼頂いた事もありました。

 

相続手続きはお早めに

2017年 10月 2日 | 相続

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい 平日:9:00~18:00 052-361-1925 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちらから

所長からのMessage

無料メルマガ登録 無料メルマガ登録はこちら

小川雅史司法書士事務所 FACEBOOKページはこちら

Access Map

大きな地図で見る

小川雅史司法書士事務所

〒454-0877
愛知県名古屋市中川区八田町1401番地

TEL:052-361-1925
FAX:052-361-1956

地下鉄八田駅 徒歩2分

対応可能地域

愛知県全域で名古屋市中川区を中心に、その他の地域にも対応しております。お気軽にご相談ください。

サービスメニュー

初回相談無料!お気軽ご連絡下さい メールでのご相談はいつでも受け付けております

052-361-1925【受付時間】 平日:9:00~18:00 時間外対応はこちら:090-6467-2404

ご相談・ご予約はこちら

Copyright(c)名古屋市中川区の小川雅史司法書士事務所 all rights reserved.

PAGETOP